色と生物地理区

Stacks Image 106

上の画像は、carolによって作成されたものを、Creative Commons の「表示 - 継承3.0非移植 (CC BY-SA 3.0)」に基いて、編集の上で利用しています。

凡例

別館ブログ (Wildlife Portrait Archive) で掲載されているもの
同定が不確実なもの
移入・または再移入されたもの及び最近の外来種
死んでいるもの
雑種
禁固あるいは行動を制限されていたもの
(本サイトのポリシーに反して)観察時に録音を使用しているもの
(本サイトのポリシーに反して) 観察時に餌などを使用しているもの
(本サイトのポリシーに反して) 自動撮影機を用いているもの
写真以外、動画またはスライドショーなど
写真以外、描画されたもの

和名に付記された「*」アステリスクは、和名がない、または安定していない場合の暫定的な名称を示します。

分類・同定

哺乳類の部の分類については、Wikipedia 英語版やその他の Web内・Web外のリソースを参照しつつ、適宜決めています。

和名については、日本哺乳類学会分類群名・標本検討委員会による「世界哺乳類標準和名目録」によって推奨されるものを標準としつつ、互換性・継続性保持を目的として、今まで採用していた白井祥平「世界哺乳類名検索辞典」(1993)による和名も付記しています。

亜種の比定に際して、形態ではなく生息地をもとにして行っているケースが多くあります。

同定には注意を払っていますが、間違いも多々あると思います。お気付きの点はサイト運営者までご連絡下さい。

基本収蔵方針

  • たまたま遭遇したものに限る。エサ、録音、匂い、人工止まり木などで釣り出すことようなアンフェアなことはしない。口笛や声などで直接被写体に呼びかけることはある。
  • エサを用いて野生動物を見せる観光ツアー・観光施設には行かない。
  • やむを得ない事情(単独行動が危険、交通手段がないなど)がある場合を除き、バードツアーに参加したり、ガイドを傭ったりしない。
  • 無茶はしない。巣を覗きこんだり、いやがるものを無理に撮影したりしない。また、撮影はできるだけさっさと切り上げる。
  • 動物園、水族館にいるもの、および禁固あるいは捕縛して飼われているものは原則として収蔵しない。もちろん、一時的にせよ、自ら捕獲・採集あるいは拘束しない。
  • 飼われていると想像されるものでも、自由を制限されずひとりでうろうろしているものは収蔵することがある。
  • 植物については、基本的に人間が植えたものは収蔵しないが、自力で生えてきたものは土着のものでなくとも収蔵することがある。また、畑作の植物が美しい、または珍しい場合に収蔵することがある。

このウィンドウを閉じるには、ページの最上段に戻り、右上の「×」ボタンをクリックしてください。

Stacks Image 158

LAGOMORPHA - 兎形目

My image
ウサギのなかま

FEATURED PHOTOS

以下の項目については、別館で、より大判の写真とともに紹介しています。
各画像をクリックすると別館のエントリに移動します。

My image
ニホンノウサギ (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus ). 写真: 04/2014, 長野県.
My image
トライノウサギ / モウコノウサギ (ウサギ科. 英名: Tolai Hare, 学名: Lepus tolai). 写真: 08/2012, モンゴル・オンギ寺院跡.

PHOTOGRAPHS

ボタンによって表示項目を絞り込むことができます。

  • My image
    ニホンノウサギ [1] (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus). 写真: 03/1975, 丹沢.
    My image

    山道を向こうからやってきたうさぎ。小屋に飼われているのだろうか。

  • My image
    ヤブノウサギ [1] (ウサギ科. 英名: European Hare, 学名: Lepus europaeus ). 写真: 05/1999, フランス・シャンパーニュ地方.
  • My image
    ニホンノウサギ [2] (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus). 写真: 05/2002, 福島県猪苗代町.
    My image

    トウホクノウサギって、今まで「東北のウサギ」だとばかり思っていました。「奄美の黒うさぎ」、「東北のうさぎ」、「九州のうさぎ」、うさぎの種類の名前ってなんか昔話みたいでいいな、と思ってたら、ただのアホだった(笑)。写真はよくわかりませんが、地域的に見て「東北野うさぎ」でしょう。

  • My image
    サバクワタオウサギ [1] (ウサギ科. 英名: Desert Cottontail, 学名: Sylvilagus audubonii). 写真: 08/2008, 米国アリゾナ州・ラムゼイキャニオン.
    My image

    写真を見ていて、家で昔飼っていたウサギをちょっと思い出した。

  • My image
    サバクワタオウサギ [2] (ウサギ科. 英名: Desert Cottontail, 学名: Sylvilagus audubonii). 写真: 08/2008, 米国アリゾナ州・ラムゼイキャニオン.
    My image
  • My image
    サバクワタオウサギ [3] (ウサギ科. 英名: Desert Cottontail, 学名: Sylvilagus audubonii). 写真: 08/2008, 米国アリゾナ州・ラムゼイキャニオン.
    My image

    道の真ん中で、何を考えているのやら、固まっていた。でもこういう時のウサギは大抵向こう側を向いている。

  • My image
    オグロジャックウサギ (ウサギ科. 英名: Black-tailed Jackrabbit, 学名: Lepus californicus). 写真: 08/2008, 米国アリゾナ州・サングロウ農場.
    My image

    今まであまり夜間撮影をしなかったので、今回はずいぶん反省もし、勉強もした。「まし」な方の部類のウサギ。

  • My image
    サバクワタオウサギ [4] (ウサギ科. 英名: Desert Cottontail, 学名: Sylvilagus audubonii). 写真: 08/2008, 米国アリゾナ州・マデラキャニオン.
    My image
  • My image
    サバクワタオウサギ [5] (ウサギ科. 英名: Desert Cottontail, 学名: Sylvilagus audubonii). 写真: 08/2008, 米国アリゾナ州・マデラキャニオン.
    My image
  • My image
    ヤブノウサギ [2] (ウサギ科. 英名: European Hare, 学名: Lepus europaeus ). 写真: 08/2010, フランス・コートドール県.
  • My image
    ヤブノウサギ [3] (ウサギ科. 英名: European Hare, 学名: Lepus europaeus ). 写真: 08/2010, フランス・カマルグ.
  • My image
    インドノウサギ (ウサギ科. 英名: Indian Hare / Black-naped Hare, 学名: Lepus nigricollis). 写真: 08/2011, スリランカ・ヤーラ.
  • My image
    トライノウサギ / モウコノウサギ [1] (ウサギ科. 英名: Tolai Hare, 学名: Lepus tolai). 写真: 08/2012, モンゴル・オンギ寺院跡.
  • My image
    トライノウサギ / モウコノウサギ [2] (ウサギ科. 英名: Tolai Hare, 学名: Lepus tolai). 写真: 08/2012, モンゴル・ゴビ.
  • My image
    モンゴルナキウサギ (ナキウサギ科. 英名: Pallas's Pika, 学名: Ochotona pallasi). 写真: 08/2012, モンゴル・オギー湖周辺.
  • My image
    ニホンノウサギ [3] (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus ). 写真: 04/2014, 長野県.
  • My image
    ニホンノウサギ [4] (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus ). 写真: 02/2016, 長野県.
  • My image
    ニホンノウサギ [5] (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus ). 写真: 04/2016, 長野県.
  • My image
    ニホンノウサギ [6] (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus ). 写真: 01/2017, 長野県.
  • My image
    ニホンノウサギ [7] (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus ). 写真: 04/2017, 長野県.
  • My image
    ニホンノウサギ [8] (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus ). 写真: 05/2017, 長野県.
  • My image
    カンジキウサギ (ウサギ科. 英名: Snowshoe Hare, 学名: Lepus americanus). 写真: 05/2018, 米国メイン州・マウントデザート島.
  • My image
    ニホンノウサギ [9] (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus ). 写真: 06/2018, 長野県.
  • My image
    ニホンノウサギ [10] (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus ). 写真: 09/2020, 長野県.
  • My image
    ニホンノウサギ [11] (ウサギ科. 英名: Japanese Hare, 学名: Lepus brachyurus ). 写真: 11/2021, 長野県.

LINKS

哺乳類の部

哺乳類の部の一覧へ

カモノハシ - オポッサム - ケノレステス - チロエオポッサム - フクロネコ - バンディクート - フクロモグラ - カンガルー - アフリカトガリネズミ - ハネジネズミ - ツチブタ - イワダヌキ - ゾウ - ジュゴン - アルマジロ - アリクイ・ナマケモノ - ツパイ - ヒヨケザル - サル - ネズミ・リス - ウサギ - ハリネズミ・モグラ - ラクダ - イノシシ - ウシ・シカ・ヤギ - カバ・クジラ - イヌ・クマ - ネコ - ウマ・サイ - センザンコウ - コウモリ

INFORMATION

Copyright

Stacks Image 4189

著作権は留保しますが、写真については クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。テキスト、イラストレーションなど写真以外は対象外です。

Symbols & Colors

Stacks Image 38

使用されている色やシンボルの意味、その他凡例についてはページの一番上、右上にある青いプラスアイコンをクリック/タップしてください。