色と生物地理区

Stacks Image p2799_n61

上の画像は、carolによって作成されたものを、Creative Commons の「表示 - 継承3.0非移植 (CC BY-SA 3.0)」に基いて、編集の上で利用しています。

凡例

別館ブログ (Wildlife Portrait Archive) で掲載されているもの
同定が不確実なもの
移入・または再移入されたもの及び最近の外来種
死んでいるもの
雑種
禁固あるいは行動を制限されていたもの
(本サイトのポリシーに反して)観察時に録音を使用しているもの
(本サイトのポリシーに反して) 観察時に餌などを使用しているもの
(本サイトのポリシーに反して) 自動撮影機を用いているもの
写真以外、動画またはスライドショーなど
写真以外、描画されたもの

和名に付記された「*」アステリスクは、和名がない、または安定していない場合の暫定的な名称を示します。

分類・同定

鳥の部の分類については、原則として John H. Boyd III による野心的なプロジェクト "Taxonomy in Flux" (TiF) に準拠しています。

亜種の比定に際して、形態ではなく生息地をもとにして行っているケースが多くあります。

同定には注意を払っていますが、間違いも多々あると思います。お気付きの点はサイト運営者までご連絡下さい。

基本収蔵方針

  • たまたま遭遇したものに限る。エサ、録音、匂い、人工止まり木などで釣り出すことようなアンフェアなことはしない。口笛や声などで直接被写体に呼びかけることはある。
  • エサを用いて野生動物を見せる観光ツアー・観光施設には行かない。
  • やむを得ない事情(単独行動が危険、交通手段がないなど)がある場合を除き、バードツアーに参加したり、ガイドを傭ったりしない。
  • 無茶はしない。巣を覗きこんだり、いやがるものを無理に撮影したりしない。また、撮影はできるだけさっさと切り上げる。
  • 動物園、水族館にいるもの、および禁固あるいは捕縛して飼われているものは原則として収蔵しない。もちろん、一時的にせよ、自ら捕獲・採集あるいは拘束しない。
  • 飼われていると想像されるものでも、自由を制限されずひとりでうろうろしているものは収蔵することがある。
  • 植物については、基本的に人間が植えたものは収蔵しないが、自力で生えてきたものは土着のものでなくとも収蔵することがある。また、畑作の植物が美しい、または珍しい場合に収蔵することがある。

PASSERIFORMES / Passeri / Corvida / Corvoidea / Rhipiduridae
スズメ目 / スズメ亜目 / カラス小目 / カラス上科 / オウギビタキ科

My image
オウギビタキのなかま

PHOTOGRAPHS

ボタンによって表示項目を絞り込むことができます。

  • My image
    ノドジロオウギビタキ [1] (科名: オウギビタキ科, 英名: White-throated Fantail, 学名: Leucocirca albicollis). 写真: 08/2002, マレーシア・ブキットフレイザー.
    My image

    熱帯の小鳥は、種類に関係なくウェーブと呼ばれる群れを形成し、団体で移動することが多い。Drongo も Fantail もウェーブの常連だが、だいぶ様子は違う。飛行の達者な Drongo は、群れからちょっと離れた枝に止まって、フライキャッチしながらあたりをうかがう。一方、密林を飛び回るにはしっぽの邪魔な Fantail は、ひっくり返り、ひっかかり、七転八倒しながら群れを追っかけているように見える。水戸黄門で言うなら、Drongo は風車の弥七、Fantail はうっかり八兵衛。さらに言うなら、Minivet が由美かおる。

  • My image
    ムナジロオウギビタキ [1] (科名: オウギビタキ科, 英名: Malaysian Pied-Fantail, 学名: Leucocirca javanica). 写真: 09/2002, マレーシア・サバ州.
    My image

    どことなくほほえましい、オウギビタキのデート。

  • My image
    ムナジロオウギビタキ [2] (科名: オウギビタキ科, 英名: Malaysian Pied Fantail, 学名: Leucocirca javanica). 写真: 09/2002, マレーシア・サバ州.
    My image
  • My image
    ノドジロオウギビタキ [2] (科名: オウギビタキ科, 英名: White-throated Fantail, 学名: Leucocirca albicollis). 写真: 09/2002, マレーシア・サバ州.
    My image

    キナバル山の林の中で、すいすいと音もなく巡行するチャガシラモリムシクイ(→ウグイスの部屋)の後を、例によって、ひっくり返り、もんどりうちながら、バタバタと必死についていったオウギビタキ。決して偶然ではなく、意図的に後を追いかけていた。ひょっとして、こういうのがウェーブの始まりなのかもしれない。

  • My image
    ムナフオウギビタキ (科名: オウギビタキ科, 英名: Northern Fantail, 学名: Neomyias rufiventris). 写真: 08/2003, オーストラリア・フォグダム.
    My image
  • My image
    ヨコフリオウギビタキ [1] (科名: オウギビタキ科, 英名: Willie-wagtail, 学名: Leucocirca leucophrys). 写真: 08/2003, オーストラリア・カカドゥ.
    My image

    こうやって囀っていればそれなりに凛々しいし、また歌も達者だが、普段は、妙にアンバランスな姿で地面を独楽のようにくるくると回っている。Fantail という鳥は、どうも、均衡と言うものをどこかに忘れているように思える。

  • My image
    ヨコフリオウギビタキ [2] (科名: オウギビタキ科, 英名: Willie-wagtail, 学名: Leucocirca leucophrys). 写真: 08/2003, オーストラリア・カカドゥ.
    My image
  • My image
    ハイイロオウギビタキ (科名: オウギビタキ科, 英名: Grey Fantail, 学名: Rhipidura albiscapa). 写真: 09/2003, オーストラリア・ドライアンドラ.
    My image
  • My image
    ヨコフリオウギビタキ [3] (科名: オウギビタキ科, 英名: Willie-wagtail, 学名: Leucocirca leucophrys). 写真: 09/2003, オーストラリア・バッセルトン.
    My image
  • My image
    ノドジロオウギビタキ [3] (科名: オウギビタキ科, 英名: White-throated Fantail, 学名: Leucocirca albicollis). 写真: 08/2006, タイ・ドイインタノン.
    My image
  • My image
    ノドジロオウギビタキ [4] (科名: オウギビタキ科, 英名: White-throated Fantail, 学名: Leucocirca albicollis). 写真: 08/2006, タイ・ドイインタノン.
    My image
  • My image
    ノドジロオウギビタキ [5] (科名: オウギビタキ科, 英名: White-throated Fantail, 学名: Leucocirca albicollis). 写真: 08/2006, タイ・ドイインタノン.
    My image
  • My image
    ノドジロオウギビタキ [6] (科名: オウギビタキ科, 英名: White-throated Fantail, 学名: Leucocirca albicollis). 写真: 08/2009, ベトナム・ダラット.
  • My image
    マミジロオウギビタキ [1] (科名: オウギビタキ科, 英名: White-browed Fantail, 学名: Leucocirca aureola). 写真: 07/2011, スリランカ・ハバラーナ.
  • My image
    マミジロオウギビタキ [2] (科名: オウギビタキ科, 英名: White-browed Fantail, 学名: Leucocirca aureola). 写真: 07/2011, スリランカ・ヤーラ.
  • My image
    ムナジロオウギビタキ [3] (科名: オウギビタキ科, 英名: Malaysian Pied Fantail, 学名: Leucocirca javanica). 写真: 05/2014, シンガポール.

LINKS

鳥の部

鳥の部の一覧へ

ダチョウなど - カモ - キジ - サケイ - ハト - エボシドリ - ノガン - カッコウ - ヨタカ - ガマグチヨタカ - アマツバメ - ハチドリ - ツメバケイ - ツル・クイナ - フラミンゴ - カイツブリ - ネッタイチョウ - アビ - ペンギン - ミズナギドリ - コウノトリ - ウ・カツオドリ - トキ・ヘラサギ - ペリカン - サギ - チドリ - シギ - カモメ - ネズミドリ - コンドル - ワシ・タカ - フクロウ - キヌバネドリ - サイチョウ - カワセミ - キリハシ - オオハシ - キツツキ - ハヤブサ - オウム - イワサザイ - ヤイロチョウ - タイランチョウ - アリドリ - コトドリ - ニワシドリ - ミツスイ - ハシリチメドリ - ウズラチメドリ - サンショウクイ - オーストラリアゴジュウカラ - コウライウグイス - ヤブモズ - オウチュウ - オウギビタキ - フウチョウ - サンコウチョウ - モズ - カラス - オーストラリアヒタキ - ハゲチメドリ - カラ - ヒバリ - ハシナガムシクイ - セッカ - ツバメ - ヒヨドリ - ウグイス - チメドリ - キクイタダキ - レンジャク - ミソサザイ - ムクドリ - カワガラス - ツグミ - ヒタキ - ハナドリ - タイヨウチョウ - コノハドリ - イワヒバリ - ハタオリドリ - カエデチョウ - スズメ - セキレイ - ヒワ - ツメナガホオジロ - ホオジロ - ヒメドリ - アメリカムシクイ - ショウジョウコウカンチョウ - フウキンチョウ

INFORMATION

Copyright

Stacks Image p2801_n27

著作権は留保しますが、写真については クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。テキスト、イラストレーションなど写真以外は対象外です。

Symbols & Colors

Stacks Image p2801_n38

使用されている色やシンボルの意味、その他凡例についてはページの一番上、右上にある青いプラスアイコンをクリック/タップしてください。