色と生物地理区

Stacks Image p2799_n27

凡例

別館ブログ (Wildlife Portrait Archive) で掲載されているもの
同定が不確実なもの
移入・または再移入されたもの及び最近の外来種
禁固あるいは行動を制限されているもの
死んでいるもの
雑種
(本サイトのポリシーに反して)観察時に録音を使用しているもの
(本サイトのポリシーに反して) 観察時に餌などを使用しているもの
写真以外、動画またはスライドショーなど
写真以外、描画されたもの

和名に付記された「*」アステリスクは、和名がない、または安定していない場合の暫定的な名称を示します。

分類・同定

鳥の部の分類については、原則として John H. Boyd III による野心的なプロジェクト "Taxonomy in Flux" (TiF) に準拠しています。

亜種の比定に際して、形態ではなく生息地をもとにして行っているケースが多くあります。

同定には注意を払っていますが、間違いも多々あると思います。お気付きの点はサイト運営者までご連絡下さい。

基本収蔵方針

  • たまたま遭遇したものに限る。エサ、録音、匂い、人工止まり木などで釣り出すことようなアンフェアなことはしない。口笛や声などで直接被写体に呼びかけることはある。
  • エサを用いて野生動物を見せる観光ツアー・観光施設には行かない。
  • やむを得ない事情(単独行動が危険など)がある場合を除き、バードツアーに参加したり、ガイドを傭ったりしない。
  • 無茶はしない。巣を覗きこんだり、いやがるものを無理に撮影したりしない。また、撮影はできるだけさっさと切り上げる。
  • 動物園、水族館にいるもの、および禁固あるいは捕縛して飼われているものは原則として収蔵しない。もちろん、一時的にせよ、自ら捕獲・採集あるいは拘束しない。
  • 飼われていると想像されるものでも、自由を制限されずひとりでうろうろしているものは収蔵することがある。
  • 植物については、基本的に人間が植えたものは収蔵しないが、自力で生えてきたものは土着のものでなくとも収蔵することがある。また、畑作の植物が美しい、または珍しい場合に収蔵することがある。

PASSERIFORMES / Passeri / Corvida / Malaconotoidea
スズメ目 / スズメ亜目 / カラス小目 / ヤブモズ上科

My image
ヤブモズのなかま

PHOTOGRAPHS

ボタンによって表示項目を絞り込むことができます。

  • My image
    チャバネアカネヒタキ [1] (オオハシモズ科. 英名: Rufous-winged Philentoma, 学名: Philentoma pyrhoptera). 写真: 08/2002, マレーシア・タマンネガラ.
    My image
  • My image
    チャバネアカネヒタキ [2] (オオハシモズ科. 英名: Rufous-winged Philentoma, 学名: Philentoma pyrhoptera). 写真: 08/2002, マレーシア・タマンネガラ.
    My image
  • My image
    オオヒメコノハドリ [1] (ヒメコノハドリ科. 英名: Great Iora, 学名: Aegithina lafresnayei). 写真: 08/2002, マレーシア・タマンネガラ.
    My image
  • My image
    オオヒメコノハドリ [2] (ヒメコノハドリ科. 英名: Great Iora, 学名: Aegithina lafresnayei). 写真: 08/2002, マレーシア・タマンネガラ.
    My image
  • My image
    ヒメコノハドリ [1] (ヒメコノハドリ科. 英名: Common Iora, 学名: Aegithina tiphia). 写真: 09/2002, マレーシア・サバ州.
    My image
  • My image
    クロモズガラス (モリツバメ科. 英名: Black Butcherbird / New Guinea Black-Butcherbird, 学名: Cracticus quoyi). 写真: 08/2003, オーストラリア・ダーウィン.
    My image

    外見・行動はいじけたカラス、という風情だが、つがいで啼き交わすときはヨーデルのようなすばらしい美声を轟かせる。

  • My image
    カオグロモリツバメ (モリツバメ科. 英名: Black-faced Woodswallow, 学名: Artamus cinereus). 写真: 08/2003, オーストラリア・ハンプティドゥ.
    My image
  • My image
    ハイイロモズガラス [1] (モリツバメ科. 英名: Grey Butcherbird, 学名: Cracticus torquatus). 写真: 09/2003, オーストラリア・パース.
    My image
  • My image
    ハイイロモズガラス [2] (モリツバメ科. 英名: Grey Butcherbird, 学名: Cracticus torquatus). 写真: 09/2003, オーストラリア・パース.
    My image
  • My image
    カササギフエガラス [1] (モリツバメ科. 英名: Australian Magpie, 学名: Cracticus tibicen). 写真: 09/2003, オーストラリア・ドライアンドラ.
    My image

    他の鳥に対して。意図はよく判らない、服従か、求愛か。

  • My image
    カササギフエガラス [2] (モリツバメ科. 英名: Australian Magpie, 学名: Cracticus tibicen). 写真: 09/2003, オーストラリア・ドライアンドラ.
    My image

    杭の上、なわばり防禦のための監視をかかさない。

  • My image
    カササギフエガラス [3] (モリツバメ科. 英名: Australian Magpie, 学名: Cracticus tibicen). 写真: 09/2003, オーストラリア・ドライアンドラ.
    My image

    耳を傾けて、地中を進む虫のかぼそい音を聞き分ける。

  • My image
    ハイイロフエガラス [1] (モリツバメ科. 英名: Grey Currawong, 学名: Strepera versicolor). 写真: 09/2003, オーストラリア・ドライアンドラ.
    My image

    音もなく地べたを歩いてやってきて、僕と行き合うとふわっと飛んでかわす。物腰のどこかやわらかな、目玉の黄色い森のカラス。

  • My image
    ハイイロフエガラス [2] (モリツバメ科. 英名: Grey Currawong, 学名: Strepera versicolor). 写真: 09/2003, オーストラリア・ドライアンドラ.
    My image
  • My image
    カササギフエガラス [4] (モリツバメ科. 英名: Australian Magpie, 学名: Cracticus tibicen). 写真: 09/2003, オーストラリア・ドライアンドラ.
    My image

    なわばり意識が強く、複雑な啼き声を発達させている鳥。啼き真似をすると何羽かがすぐ集まって来て、耳を傾けて真面目に聴き入る。そしてしばらくすると、一羽が進み出て返歌を返すのに驚く。それとは別に、足許に近寄ってきて懸命に何事か訴える鳥もいるのだが、意図はよくわからなかった。ただ、警告ではなかった。

  • My image
    ウスズミモリツバメ (モリツバメ科. 英名: Dusky Woodswallow, 学名: Artamus cyanopterus). 写真: 09/2003, オーストラリア・アルバニー.
    My image
  • My image
    ハジロアカハラヤブモズ [1] (ヤブモズ科. 英名: Crimson-breasted Gonolek / Crimson-breasted Shrike, 学名: Laniarius atrococcineus). 写真: 08/2005, ナミビア・オチャワロンゴ.
    My image

    なりも派手だが、行動も超強気。漫画や韓国ドラマとかだと、内気な主人公の敵役として登場するタイプだ。

  • My image
    ハジロアカハラヤブモズ [2] (ヤブモズ科. 英名: Crimson-breasted Gonolek / Crimson-breasted Shrike, 学名: Laniarius atrococcineus). 写真: 08/2005, ナミビア・オチャワロンゴ.
    My image
  • My image
    アゴフセワタビタキ (メガネヒタキ科. 英名: Chinspot Batis, 学名: Batis molitor). 写真: 08/2005, ナミビア・ルンドゥ.
    My image
  • My image
    エボシメガネモズ (オオハシモズ科. 英名: White Helmetshrike, 学名: Prionops plumatus). 写真: 08/2005, ナミビア・ディヴンドゥ.
    My image
  • My image
    フタイロヤブモズ (ヤブモズ科. 英名: Gabon Boubou / Swamp Boubou, 学名: Laniarius bicolor). 写真: 08/2005, ナミビア・マハンゴGR.
    My image

    アフリカ産のブーブー、などというとどんなキテレツな鳥かと思うが、ルックスは以外と簡潔なのであった。

  • My image
    ハジロアカハラヤブモズ [3] (ヤブモズ科. 英名: Crimson-breasted Gonolek / Crimson-breasted Shrike, 学名: Laniarius atrococcineus). 写真: 08/2005, ナミビア・マハンゴGR.
    My image
  • My image
    チャガシラヤブモズ [1] (ヤブモズ科. 英名: Brown-crowned Tchagra, 学名: Tchagra australis). 写真: 08/2005, ナミビア・オチャワロンゴ.
    My image
  • My image
    チャガシラヤブモズ [2] (ヤブモズ科. 英名: Brown-crowned Tchagra, 学名: Tchagra australis). 写真: 08/2005, ナミビア・オチャワロンゴ.
    My image
  • My image
    ワキジマセワタビタキ (メガネヒタキ科. 英名: Pririt Batis, 学名: Batis pririt). 写真: 09/2005, ナミビア・Daan Viljoen GR.
    My image
  • My image
    ヒタキサンショウクイ [1] (オオハシモズ科. 英名: Bar-winged Flycatcher-Shrike, 学名: Hemipus picatus). 写真: 08/2006, タイ・ドイアンカン.
    My image
  • My image
    ヒメコノハドリ [2] (ヒメコノハドリ科. 英名: Common Iora, 学名: Aegithina tiphia). 写真: 08/2006, タイ・チェンダオ.
    My image
  • My image
    ミドリヒメコノハドリ (ヒメコノハドリ科. 英名: Green Iora, 学名: Aegithina viridissima). 写真: 08/2006, タイ・ハッチャオマイ国立公園.
    My image
  • My image
    アカメフクレヤブモズ [1] (ヤブモズ科. 英名: Red-eyed Puffback, 学名: Dryoscopus senegalensis). 写真: 08/2007, ガボン・イヴィンドNP.
    My image

    人間で言えば尻のところにポンポンをつけた、妙な奴であった。

  • My image
    アカメフクレヤブモズ [2] (ヤブモズ科. 英名: Red-eyed Puffback, 学名: Dryoscopus senegalensis). 写真: 08/2007, ガボン・イヴィンドNP.
    My image

    奥さん。

  • My image
    カンムリタンビヒタキ [1] (オオハシモズ科. 英名: Black-and-White Shrike-Flycatcher, 学名: Bias musicus). 写真: 09/2007, ガボン・ロペNP.
    My image

    ずーっと同じ場所でポケっとしてたから、卵でも温めていたのだと思うけれど、人を喰ったというか、妙ちきりんな感じである。

  • My image
    カンムリタンビヒタキ [2] (オオハシモズ科. 英名: Black-and-White Shrike-Flycatcher, 学名: Bias musicus). 写真: 09/2007, ガボン・ロペNP.
    My image
  • My image
    オオヒメコノハドリ [3] (ヒメコノハドリ科. 英名: Great Iora, 学名: Aegithina lafresnayei). 写真: 08/2009, ベトナム・カッティエンNP.
  • My image
    ヒメコノハドリ [3] (ヒメコノハドリ科. 英名: Common Iora, 学名: Aegithina tiphia). 写真: 08/2009, ベトナム・カッティエンNP.
  • My image
    ヒタキサンショウクイ [2] (オオハシモズ科. 英名: Bar-winged Flycatcher-Shrike, 学名: Hemipus picatus). 写真: 08/2009, ベトナム・フォンニャケバンNP.
  • My image
    ヒメコノハドリ [4] (ヒメコノハドリ科. 英名: Common Iora, 学名: Aegithina tiphia). 写真: 07/2011, スリランカ・ハバラーナ.
  • My image
    スリランカモズサンショウクイ(仮称) (オオハシモズ科. 英名: Sri Lanka Woodshrike, 学名: Tephrodornis affinis). 写真: 07/2011, スリランカ・ハバラーナ.
  • My image
    ヒタキサンショウクイ [3] (オオハシモズ科. 英名: Bar-winged Flycatcher-Shrike, 学名: Hemipus picatus). 写真: 07/2011, スリランカ・ハバラーナ.
  • My image
    ハイイロモリツバメ (モリツバメ科. 英名: Ashy Woodswallow, 学名: Artamus fuscus). 写真: 07/2011, スリランカ・パッラーマ.
  • My image
    ヒメコノハドリ [5] (ヒメコノハドリ科. 英名: Common Iora, 学名: Aegithina tiphia). 写真: 05/2014, シンガポール.

LINKS

鳥の部

鳥の部の一覧へ

ダチョウなど - カモ - キジ - サケイ - ハト - エボシドリ - ノガン - カッコウ - ヨタカ - ガマグチヨタカ - アマツバメ - ハチドリ - ツメバケイ - ツル・クイナ - フラミンゴ - カイツブリ - ネッタイチョウ - アビ - ペンギン - ミズナギドリ - コウノトリ - ウ・カツオドリ - トキ・ヘラサギ - ペリカン - サギ - チドリ - シギ - カモメ - ネズミドリ - コンドル - ワシ・タカ - フクロウ - キヌバネドリ - サイチョウ - カワセミ - キリハシ - オオハシ - キツツキ - ハヤブサ - オウム - イワサザイ - ヤイロチョウ - タイランチョウ - アリドリ - コトドリ - ニワシドリ - ミツスイ - ハシリチメドリ - ウズラチメドリ - サンショウクイ - オーストラリアゴジュウカラ - コウライウグイス - ヤブモズ - オウチュウ - オウギビタキ - フウチョウ - サンコウチョウ - モズ - カラス - オーストラリアヒタキ - ハゲチメドリ - カラ - ヒバリ - ハシナガムシクイ - セッカ - ツバメ - ヒヨドリ - ウグイス - チメドリ - キクイタダキ - レンジャク - ミソサザイ - ムクドリ - カワガラス - ツグミ - ヒタキ - ハナドリ - タイヨウチョウ - コノハドリ - イワヒバリ - ハタオリドリ - カエデチョウ - スズメ - セキレイ - ヒワ - ツメナガホオジロ - ホオジロ - ヒメドリ - アメリカムシクイ - ショウジョウコウカンチョウ - フウキンチョウ

USAGE TIPS

Copyright

Stacks Image p2801_n27

著作権は留保しますが、写真については クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。テキスト、イラストレーションなど写真以外は対象外です。

Symbols & Colors

Stacks Image p2801_n38

使用されている色やシンボルの意味、その他凡例についてはページの一番上、右上にある青いプラスアイコンをクリック/タップしてください。