色と生物地理区

Stacks Image p2799_n61

上の画像は、carolによって作成されたものを、Creative Commons の「表示 - 継承3.0非移植 (CC BY-SA 3.0)」に基いて、編集の上で利用しています。

凡例

別館ブログ (Wildlife Portrait Archive) で掲載されているもの
同定が不確実なもの
移入・または再移入されたもの及び最近の外来種
死んでいるもの
雑種
禁固あるいは行動を制限されていたもの
(本サイトのポリシーに反して)観察時に録音を使用しているもの
(本サイトのポリシーに反して) 観察時に餌などを使用しているもの
(本サイトのポリシーに反して) 自動撮影機を用いているもの
写真以外、動画またはスライドショーなど
写真以外、描画されたもの

和名に付記された「*」アステリスクは、和名がない、または安定していない場合の暫定的な名称を示します。

分類・同定

鳥の部の分類については、原則として John H. Boyd III による野心的なプロジェクト "Taxonomy in Flux" (TiF) に準拠しています。

亜種の比定に際して、形態ではなく生息地をもとにして行っているケースが多くあります。

同定には注意を払っていますが、間違いも多々あると思います。お気付きの点はサイト運営者までご連絡下さい。

基本収蔵方針

  • たまたま遭遇したものに限る。エサ、録音、匂い、人工止まり木などで釣り出すことようなアンフェアなことはしない。口笛や声などで直接被写体に呼びかけることはある。
  • エサを用いて野生動物を見せる観光ツアー・観光施設には行かない。
  • やむを得ない事情(単独行動が危険、交通手段がないなど)がある場合を除き、バードツアーに参加したり、ガイドを傭ったりしない。
  • 無茶はしない。巣を覗きこんだり、いやがるものを無理に撮影したりしない。また、撮影はできるだけさっさと切り上げる。
  • 動物園、水族館にいるもの、および禁固あるいは捕縛して飼われているものは原則として収蔵しない。もちろん、一時的にせよ、自ら捕獲・採集あるいは拘束しない。
  • 飼われていると想像されるものでも、自由を制限されずひとりでうろうろしているものは収蔵することがある。
  • 植物については、基本的に人間が植えたものは収蔵しないが、自力で生えてきたものは土着のものでなくとも収蔵することがある。また、畑作の植物が美しい、または珍しい場合に収蔵することがある。

CICONIIFORMES - コウノトリ目

My image
コウノトリのなかま

アメリカ大陸のコンドル・ハゲワシのなかまはコンドルのなかまのページに引っ越しました。

FEATURED PHOTOS

以下の項目については、別館で、より大判の写真とともに紹介しています。
各画像をクリックすると別館のエントリに移動します。

My image
アフリカトキコウ (コウノトリ科. 英名: Yellow-billed Stork, 学名: Mycteria ibis). 写真: 08/2007, ガボン・ロアンゴNP.

PHOTOGRAPHS

ボタンによって表示項目を絞り込むことができます。

  • My image
    セイタカコウ [1] (コウノトリ科. 英名: Black-necked Stork, 学名: Ephippiorhynchus asiaticus). 写真: 08/2003, オーストラリア・カカドゥ.
    My image
  • My image
    セイタカコウ [2] (コウノトリ科. 英名: Black-necked Stork, 'Jabiru', 学名: Ephippiorhynchus asiaticus). 写真: 08/2003, オーストラリア・カカドゥ.
    My image

    突然岩陰から現れて滑空し、また岩山の頂に「二本足で」すっくと立って周囲の平原を睥睨する。このコウノトリには、確かに神さまの面影がある。

  • My image
    アフリカハゲコウ [1] (コウノトリ科. 英名: Marabou Stork, 学名: Leptoptilos crumenifer). 写真: 08/2005, ナミビア・エトーシャ.
    My image

    写真では分かりにくいが、首に肉色の袋をぶら下げている。コウノトリが赤ん坊を運んでくるのは、案外この辺に起源があるのかも。

  • My image
    アフリカハゲコウ [2] (コウノトリ科. 英名: Marabou Stork, 学名: Leptoptilos crumenifer). 写真: 08/2005, ナミビア・エトーシャ.
    My image

    肉食獣が倒した死骸に群がる。場を仕切っているように見えるが明確な順列があって、こいつはハゲワシの上、ジャッカルの下である。

  • My image
    アフリカハゲコウ [3] (コウノトリ科. 英名: Marabou Stork, 学名: Leptoptilos crumenifer). 写真: 08/2005, ナミビア・エトーシャ.
    My image
  • My image
    エンビコウ [1] (コウノトリ科. 英名: Woolly-necked Stork, 学名: Ciconia episcopus). 写真: 08/2007, ガボン・ムピヴィエ川.
    My image

    たまたまこうなった、コウノトリとヘビウ。気まずいのか嬉しいのか判らないが、ヘビウは落ち着かずきょろきょろとし、コウノトリは例によってぼっとしていた。

  • My image
    エンビコウ [2] (コウノトリ科. 英名: Woolly-necked Stork, 学名: Ciconia episcopus). 写真: 08/2007, ガボン・ムピヴィエ川.
    My image

    水の上にはヒレアシがすいすいと泳ぎ、目の高さにはカワセミが飛び交う。目を上げればコウノトリ、そしてトキ。使い古された表現だが、鳥好きにはどこか天国のような気がするところだった。(ただしツェツェバエも襲ってきます)

  • My image
    エンビコウ [3] (コウノトリ科. 英名: Woolly-necked Stork, 学名: Ciconia episcopus). 写真: 08/2007, ガボン・ムピヴィエ川.
    My image
  • My image
    アフリカトキコウ [1] (コウノトリ科. 英名: Yellow-billed Stork, 学名: Mycteria ibis). 写真: 08/2007, ガボン・ロアンゴNP.
    My image
  • My image
    アフリカトキコウ [2] (コウノトリ科. 英名: Yellow-billed Stork, 学名: Mycteria ibis). 写真: 08/2007, ガボン・ロアンゴNP.
    My image

    最近は日本で人気だけれど、コウノトリにはどこか底知れぬ不気味さがある。

  • My image
    アフリカトキコウ [3] (コウノトリ科. 英名: Yellow-billed Stork, 学名: Mycteria ibis). 写真: 08/2007, ガボン・ロアンゴNP.
    My image
  • My image
    アフリカトキコウ [4] (コウノトリ科. 英名: Yellow-billed Stork, 学名: Mycteria ibis). 写真: 08/2007, ガボン・ロアンゴNP.
    My image
  • My image
    アフリカトキコウ [5] (コウノトリ科. 英名: Yellow-billed Stork, 学名: Mycteria ibis). 写真: 08/2007, ガボン・ロアンゴNP.
    My image
  • My image
    エンビコウ [4] (コウノトリ科. 英名: Woolly-necked Stork, 学名: Ciconia episcopus). 写真: 08/2007, ガボン・ロアンゴNP.
    My image
  • My image
    エンビコウ [5] (コウノトリ科. 英名: Woolly-necked Stork, 学名: Ciconia episcopus). 写真: 08/2007, ガボン・ロアンゴNP.
    My image
  • My image
    スキハシコウ (コウノトリ科. 英名: Asian Openbill, 学名: Anastomus oscitans). 写真: 07/2011, スリランカ・アナウィルンダワ保護区.
  • My image
    インドトキコウ (コウノトリ科. 英名: Painted Stork, 学名: Mycteria leucocephala). 写真: 08/2011, スリランカ・ヤーラ国立公園.
  • My image
    コハゲコウ (コウノトリ科. 英名: Lesser Adjutant, 学名: Leptoptilos javanicus). 写真: 08/2011, スリランカ・ヤーラ国立公園.
  • My image
    シロトキコウ (籠脱け. コウノトリ科. 英名: Milky Stork, 学名: Mycteria cinerea). 写真: 05/2014, シンガポール.

LINKS

鳥の部

鳥の部の一覧へ

ダチョウなど - カモ - キジ - サケイ - ハト - エボシドリ - ノガン - カッコウ - ヨタカ - ガマグチヨタカ - アマツバメ - ハチドリ - ツメバケイ - ツル・クイナ - フラミンゴ - カイツブリ - ネッタイチョウ - アビ - ペンギン - ミズナギドリ - コウノトリ - ウ・カツオドリ - トキ・ヘラサギ - ペリカン - サギ - チドリ - シギ - カモメ - ネズミドリ - コンドル - ワシ・タカ - フクロウ - キヌバネドリ - サイチョウ - カワセミ - キリハシ - オオハシ - キツツキ - ハヤブサ - オウム - イワサザイ - ヤイロチョウ - タイランチョウ - アリドリ - コトドリ - ニワシドリ - ミツスイ - ハシリチメドリ - ウズラチメドリ - サンショウクイ - オーストラリアゴジュウカラ - コウライウグイス - ヤブモズ - オウチュウ - オウギビタキ - フウチョウ - サンコウチョウ - モズ - カラス - オーストラリアヒタキ - ハゲチメドリ - カラ - ヒバリ - ハシナガムシクイ - セッカ - ツバメ - ヒヨドリ - ウグイス - チメドリ - キクイタダキ - レンジャク - ミソサザイ - ムクドリ - カワガラス - ツグミ - ヒタキ - ハナドリ - タイヨウチョウ - コノハドリ - イワヒバリ - ハタオリドリ - カエデチョウ - スズメ - セキレイ - ヒワ - ツメナガホオジロ - ホオジロ - ヒメドリ - アメリカムシクイ - ショウジョウコウカンチョウ - フウキンチョウ

INFORMATION

Copyright

Stacks Image p2801_n27

著作権は留保しますが、写真については クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。テキスト、イラストレーションなど写真以外は対象外です。

Symbols & Colors

Stacks Image p2801_n38

使用されている色やシンボルの意味、その他凡例についてはページの一番上、右上にある青いプラスアイコンをクリック/タップしてください。